いつか世界中で空生活

仕事頑張ってきたオレ。これからは好きなことしたいけど本当できるの?

まあまあなコートヤード・バイ・マリオット東京ステーション:マリオットプラチナチャレンジ【2滞在目】


プラチナチャレンジ【2滞在目】

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションに宿泊してきました。

全体的にとても良いビジネスホテルって感じです。

フロントの応対、部屋の小綺麗さ、ベッドの寝心地、朝食の美味しさ、そして隅々に感じられる客へのホスピタリティ。なかなか素晴らしいです。

まあ2万円以上するので当たり前であって欲しいラインはクリアできてるのでしょうか。

f:id:sleepytomo:20170826051402p:plain

 

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは、東京駅八重洲口方面の銀座線京橋駅の1番出口を出て直ぐのところにあり、アクセスはとても良いです。

f:id:sleepytomo:20170826044446p:plain

 

フロントは京橋トラストタワー(21F)の4Fにあり客室は2〜4階にあります。

フロントはとても綺麗でフロントマンの客対応も若い女性に対応頂きましたがとても良かったです。
部屋をアップグレードしてもらいクリエーターズダブルからクリエーターズツインの部屋にしてもらいました。
クリエーターズダブルの部屋(20㎡)よりクリエーターズツインの部屋(26㎡)の方が広いのですが、ベッドのサイズはタブルベッドの方が大きいので寝心地を優先したい私は、アップグレードをお断りしたら受付のお嬢さんがとても困った様子で一生懸命アップグレードを勧めてこられるので、満室近くて急な部屋組みが難しいのだろうと思いツインの部屋にすることにしました。

f:id:sleepytomo:20170826045255p:plain

 

フロント向かえにゆったりとした応接スペースがふんだんにとってあり、新聞もかなり豊富においてありましたので、後ほどくつろぎに来るかな〜と思いました。

f:id:sleepytomo:20170826045552p:plain

 

フロントでは、申し出るとコーヒーをテイクアウトできるとのことでしたので、お願いするととても上質なコーヒーを提供してもらえました。
また、応接スペースの右奥には、マリオットのゴールドメンバーとプラチナメンバー専用のセルフドリンクバーがあり、飲み物取り放題でした(フロントではシルバーメンバーも利用OKと言っていました)。
写真にはちゃんと写っていませんが、最下段にはビールなどのアルコールも入っていてご機嫌なセルフドリンクバーです。

f:id:sleepytomo:20170826044631p:plain

ゴールドメンバー特典として、フロントでワンドリンクサービスを選択したところ以下の写真の様な缶ジュースの詰め合わせセットをもらいました。部屋でテレビを見ながら飲みましたが、とても冷えていて美味しかったです。

そのほかにお菓子が部屋にサービスでおいてあり美味しく頂きました。

f:id:sleepytomo:20170826044540p:plain

 

部屋のトーンは白黒のmonotone基調でデザイナーズホテルっぽい感じです。

隣の部屋なのか上の部屋なのかはわからないですが、音が結構聞こえましたので防音性はあまり高くない感じです。

f:id:sleepytomo:20170826044559p:plain

バスルームもmonotone基調。

f:id:sleepytomo:20170826044612p:plain

 

客室廊下もカラフルで照明もちょっと工夫が凝らされていて、雰囲気が良かったです。

f:id:sleepytomo:20170826044455p:plain

 

3階にフィットネスルームはありますが、スパとかサウナはありませんでした。
フィットネスクラブで汗かいたらそのまま部屋でシャワーでしょうか。

フィットネスクラブ使う予定の方は3階の客室をリクエストするといいと思います。

f:id:sleepytomo:20170826044519p:plain

ちょっと狭目のフットネスルーム。

f:id:sleepytomo:20170826044531p:plain

 

朝食はマリオットのゴールドメンバーですので、無料になりますが、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションにはクラブラウンジがありませんので、1階のDining&Bar LAVAROCKで無料の朝食を頂きます。
ラバロックの朝食は素晴らしいと思いました。和食派にはやや不満であろうと思いますが、洋食派には最高でしょう。
コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの宿泊客は外国人ばかりなのか、朝食会場のほとんどすべての利用客は外国人でした。
ウエイターの方も最初に私に英語で喋りかけてくれました。シャレで受け答えしていたら引っ込みがつかなくなりそのまま通し切ってしまいました。

f:id:sleepytomo:20170826044643p:plain

 

利用しませんでしたが、ゴールド会員は夜も無料のラウンジとしてLAVAROCKを利用できます。時間帯が17:30〜19:30(L.O.)でちょっと早めですが、Complimentary Food menuも結構あって良いのではないでしょうか。

f:id:sleepytomo:20170826055233p:plain

 

19:30以降は無料のFOODもナッツとチョコとフルーツくらいになって、飲み物有料の様です。

f:id:sleepytomo:20170826055549p:plain

 

まとめ

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションは、まあまあなのでしょうか。

プラチナチャレンジ中なので泊まりましたが、高いビジネスホテル感がやっぱりあって、宿泊する喜びというか、ふわふわな寝心地までのリラックス感っていうかがあまり感じられないホテルではありました。

 

そういえば予約の時に聞いたのですが、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションには部屋の大きさからかマリオットの基準に満たしていない客室があるそうです。その部屋はじゃらんなどでは販売していますが、マリオットのホームページからは予約できないのだそうです。
以下の写真は今回泊まった客室にあった料金表(多分定価)ですが、一番上のクリエーターズコージーダブル(16㎡)がそのマリオットの基準を満たしていない客室なのかな。ベストレート保証向け豆知識。

f:id:sleepytomo:20170826064700p:plain

 

 

 

素晴らしいホテルライフのためにSPGアメックスカードを持ってSPGとマリオットのゴールド会員になっておくことが何かにつけて大切です。

 

 

【SPG&マリオットゴールド会員に一気になる魔法:SPGアメックス】