いつか世界中で空生活

仕事頑張ってきたオレ。これからは好きなことしたいけど本当できるの?

たそがれのThe St. Regis Singapore(セントレジス シンガポール)



The St. Regis Singaporeの概要

The St. Regis Singaporeは、シンガポールの目抜き通り・オーチャード・ロードの西端に位置するホテル。MRT(地下鉄)のOrchard駅からは徒歩約15分くらいです。
シンガポールのタクシーはそれほど高くないので結構利用する人も多いと思います。タクシーに乗って移動する場合は、セントリージスと発音しましょう。
f:id:sleepytomo:20181118043157p:plain
チャンギ国際空港からセントレジスまではタクシーで30分ほどで料金は25SGDくらい。

 
セントレジスはスターウッドホテルの最高級ブラントホテル。The St. Regis Singaporeは、地上20階、地下3階、299室の中規模サイズホテル。鹿島建設の施工で2008年に竣工してる。

f:id:sleepytomo:20181118035706j:plain
鹿島建設HPより

セントレジスシンガポールの調度品は、オーナーの“自分の家を作るこだわり”をコンセプトに世界各国からオーダーメイドにて製作され、ラグジュアリーな客室、美術館を思わせるアートの数々で飾られている。

 

The St. Regis Singaporeのチェックイン

フロントはロビーへ入って左にあります。2部屋の予約を持っていることを伝えてチェックインします。朝食のことやジムのことやロビーラウンジのASTOR BARで一杯無料ドリンクがあることなどを教えてもらい手続きを済ませます。

f:id:sleepytomo:20181118035842p:plain

 

全体的にベージュと茶色で埋め尽くされたホテル。豪華なホテルのイメージもありますが古めかしさもあってクラシックなノスタルジックな世界が好みな人向けと言えそうです。

f:id:sleepytomo:20181118035847p:plain

 

The St. Regis Singaporeのゲストルーム

セントレジスシンガポールの予約の際にスイートナイトアワード(マリオットホテルに50泊以上泊まると5枚もらえるスイートルームへのアップグレード券)を2枚使ってスイートルームをリクエストしていました。用意してもらった部屋は確かに2部屋あってスイートルームですが一番小さなスイートです。

f:id:sleepytomo:20181118035038p:plain

 

リビングはとても狭かったのです。狭いので落ち着きます^^;

f:id:sleepytomo:20181118035042p:plain

 

バスタブはお湯がこぼれやすくって、バスルームをびしょびしょにしてしまいました。すみません。。。

f:id:sleepytomo:20181118035046p:plain

 

洗面台の雰囲気がセピア色というか黄昏(たそがれ)カラーというか落ち着いた(暗い)感じ。

f:id:sleepytomo:20181118035050p:plain

 

以下はフロアの部屋割り図面なのですが、上の写真の部屋は右の赤で囲んだ部屋です。
狭いスイートルームですね。普通の部屋もかなり大きいので、セントレジスシンガポールでスイートナイトアワードを使うのは勿体無いですね。

f:id:sleepytomo:20181118035107p:plain

 

反対側の赤で囲った部屋になります。同じ階に2室にしてもらったことはよかったです。

f:id:sleepytomo:20181118035125p:plain

 

フロアが4階で一番下の階だったので眺望は残念な感じでした。

f:id:sleepytomo:20181118035132p:plain

 

ノスタルジックなバスタブ。

f:id:sleepytomo:20181118035137p:plain

 

たそがれ色の洗面台は同じです。

f:id:sleepytomo:20181118035141p:plain

 

二つの部屋を比べても全く同じ雰囲気でしたので、セントレジスシンガポールは部屋によって違いを出さず、どの部屋も統一された黄昏(たそがれ)感仕様になっているのかと思います。

 

ラウンジ(ASTOR BAR)

マリオットホテルのプラチナメンバー以上ならセントレジスシンガポールのロビーラウンジのAstor Barにて一杯無料のサービスを受けられます。

f:id:sleepytomo:20181118033006p:plain

 

イブニング・リフレッシュメント・アワーって書いてあります。夕方の6時から夜の10時まで。ハッピーアワーみたいな軽いノリでない感じ。

f:id:sleepytomo:20181118052641p:plain

 

中は暗くて写真写りが悪かったので中の様子はトリップアドバイザーのHPから写真を拝借しています。

f:id:sleepytomo:20181118052318p:plain

 

一番奥にカウンターがあってお酒いっぱい並んでいました。

f:id:sleepytomo:20181118033017p:plain

 

無料の飲み物メニューはこちら。

f:id:sleepytomo:20181118053146p:plain

 

私は、無料の飲み物メニューの中にはありませんでしたが、シンガポールスリングを頼みました。

f:id:sleepytomo:20181118033021p:plain

 

シンガポールスリングはシンガポールを代表するカクテル。ジンベースのカクテルで、1915年にシンガポールのラッフルズホテルで作られたのが最初と言われてます。
以前ニューヨークでマンハッタンという名前のカクテルを頼むのだけど発音が悪くてバーテンダーに伝わらなくって困ったことを思い出しながらシンガポールスリングを頼みました。

 

The St. Regis Singaporeのプール・ジム・スパ

セントレジスシンガポールのプールサイドにはレストランが併設されていてゆっくりした優雅な時間が過ごせるリクライニングチェアーが沢山置いてあります。

ただ、プールについては薄っぺらい屋外プールが一つで3階なので眺望もなく特筆すべき特徴はありません。宿泊客は利用無料です。

f:id:sleepytomo:20181118035550p:plain

 

ジムはプールサイドを見ながらのランニングができます。

f:id:sleepytomo:20181118035554p:plain

 

いろんなジム設備が配置されていました。宿泊客は利用無料。

f:id:sleepytomo:20181118035558p:plain

 

スパ(バス・サウナ)はシンガポール随一との前評判だったので大変期待していました。スパトリートメントは外来客にも解放されているように書かれていました。

バス・サウナについては、宿泊客は利用無料。

f:id:sleepytomo:20181118035602p:plain

 

ここがバス・サウナルームの中心で、この右側にドライサウナとスチームサウナがあります。サウナはどちらもシンガポールのホテルでは随一の施設というほどの大きさではないです。サウナは詰めて入れば10人くらい入れます。

特に驚いたことはこのバスは冷水なんです。。。そして、室内にはサウナに入った後の利用する冷水バスのみで温水バスはありませんでした。

以下の写真の冷水バス以外に室内に浴槽はないので室内の湯船で「いい湯だな〜」ってできません。

f:id:sleepytomo:20181118035609p:plain

 

屋内には温水バスがなかったのですが、屋外のバスは温水でしたので温まらせてもらいました。

f:id:sleepytomo:20181118035613p:plain

 

セラピールームはいい感じでした。ここでアロマオイルマッサージとかするとリラックスできそうです^^

f:id:sleepytomo:20181118035620p:plain

 

The St. Regis Singapore朝食

1階にあるオールデイダイニングのブラッスリーレザブールで無料の朝食を頂けました。私はSPG(マリオット)のプラチナプレミア会員ですので朝食は無料になります。

f:id:sleepytomo:20181118032846p:plain

 

ここの朝食はブッフェ形式ですがオーダーメニューもあります。
以下がオーダーメニューの内訳です。私はエッグベネディクトを注文しました。

f:id:sleepytomo:20181118032921p:plain

 

かなりいい感じのベネディクトです。

f:id:sleepytomo:20181118032930p:plain

 

サイドディッシュも頼めるのでマッシュルームのソテーを頼みましたが、シイタケみたいなキノコのソテーが出てきました。でも美味かったです^^

f:id:sleepytomo:20181118032934p:plain

 

ブッフェも結構充実していました。

f:id:sleepytomo:20181118032859p:plain

 

全種類は到底無理な品数のパン類。

f:id:sleepytomo:20181118032903p:plain

 

結構ドライフルーツ好きなのでいっぱいあって嬉しかった。

f:id:sleepytomo:20181118032907p:plain

 

フルーツもいろいろありました。ドリアンはなかったですよ。

f:id:sleepytomo:20181118032911p:plain

 

中華コーナーもあって点心美味しい。

f:id:sleepytomo:20181118032914p:plain

 

そばも注文しました。フォーのようなフォーでないようなフォーでした。

f:id:sleepytomo:20181118032918p:plain

 

飲み物メニュー。

f:id:sleepytomo:20181118032927p:plain

 

まとめ

セントレジスシンガポールはヨーロピアン調の超高級ホテル(SPG最高峰ホテルブランド)でシンガポールのホテルの中でも最高級の五つ星ホテルです。

今回泊まった部屋はセントレジススイート(70m2)のスイートルームでした。雰囲気は抜群でした。部屋に備え付けのTWGをいっぱい飲みましたが、24時間対応のセントレジス・バトラーサービスでお茶を頼めばよかったかな。シンガポールに行ったらいろいろ見たいので今度は違うホテルに泊まろうと思います。

 

 

マリオット系列ホテルを利用するならSPGアメックス
SPGアメックスの特典についてやマリオット系列ホテルのエリートステータスのことについて詳しく解説していますのでぜひ以下の記事をご覧ください。

 

最もお得にマリオット系列ホテルの予約する方法
マリオット系列ホテルを予約するときはハピタス経由で予約しないと損します。ハピタス経由で予約すると最大4.8%ポイント還元あるのでハピタス経由で予約するととってもお得です。

 

 

スポンサー広告