いつか世界中で空生活

いつか世界中で空生活

仕事頑張ってきたオレ。これからは好きなことしたいけど本当できるの?

SPGホテルのブランドイメージ「ウェスティン、シェラトン」編 + SPGの歴史


バリー・スターンリッヒが1991年に起こした不動産事業会社「スターウッドキャピタル」は、ホテルの買収を進めていくことによりホテル事業が巨大化します。1998年1月にウェスティン、1998年2月にシェラトンの買収を完了させて、巨大なホテルチェーンである「スターウッドホテル&リゾート」は誕生しました。

 

シェラトンとウェスティンを買収して巨大なホテルチェーンとなったスターウッドホテル&リゾートは、航空会社などで普及しているFFP(フリークエント・フライヤー・プログラム)を研究しホテルチェーンにあった魅力ある会員制組織(フリークエント・ビジネス・プログラム(FBS))の拡充に一層注力している。FBSの充実を進めていくためには網羅性が必要不可欠で、世界中に同じFBSを持つホテルを展開する目的からシェラトンとウェスティンの買収は不可欠だった。

 

各スターウッドホテルのブランドイメージ

シェラトンホテル

シェラトンホテル&リゾートは、1937年シェラトンの創業者アーネスト・ヘンダーソンとロバート・ムーアが、マサチューセッツ州スプリングフィールドに最初のホテルを購入が始まりです。それから2年のうちにさらに3軒のホテルをボストンに購入し東海岸一帯に所有物件を広げていきす。
1949年にカナダのホテルチェーン2社の買収によりシェラトンは国外進出を果たし、その後世界中にビジネスを広げていきます。
1961年に中近東地域初進出、1963年に中南米地域初進出を果たし、1965年にはシェラトンは世界に100軒目のホテルをボストンにオープン。1985年シェラトンは中華人民共和国初のインターナショナルホテルチェーンとして営業を始めています。

世界最大規模のホテルグループとなったシェラトンは、1998年にスターウッドホテル&リゾートの傘下に入ります。

 

Sheraton Grand Krakow

f:id:sleepytomo:20170924081015p:plain

 

1937年に最初のホテルをオープンして以来、シェラトンは旅行業界において変革の力があるホテルとしての存在感を維持しています。
シェラトンは、1958年にホテル業界初の電子予約システム「リザベーション」を導入しています。1970年にはフリーダイヤル番号(1-800-325-3535)をホテルチェーンで初めて設置。2002年には私自身が世界で2番目に好きなベッド「Sweet Sleeper™ Bed(スイートスリーパーベッド)」を導入しています。2006年にはMicrosoft®と提携し、「リンク@シェラトン」を導入。2008年には、従来の「ホテル内のジム」を一新させるべく、包括的なフィットネスプログラム「シェラトンフィットネス」を採用し充実した最高級フィットネスセンターから健康的な宿泊の創造に繫げています。

 

創業時の価値観と伝統を守りながら、時代と共に常に進化、適応、変化していくことで現在のシェラトンブランドが形成されました。
私は、シェラトンを特徴づけているエグゼクティブラウンジのシェラトンクラブがとても好きです。

 

Sheraton Grand Macao Hotel, Cotai Central

f:id:sleepytomo:20170924081333j:plain

 

1995年にシェラトンよりも手頃な価格でビジネスやレジャー目的の顧客にフルサービスを提供するフォーポイント・バイ・シェラトンが誕生しました。

2015年にシェラトンの上級ブランドとしてシェラトン・グランドが取り入れられました。世界中で展開するシェラトンホテルの中でも、特に優れたホテルとして宿泊ゲストや地元のコミュニティから高い評価を受けるシェラトンホテルからシェラトングランドは選出されます。

 

「シェラトン」がブランド名になった理由
所有ホテルの一つであるボストンのシェラトンホテル(1939年買収、現在もシェラトンブランドで営業中)の屋上にかなりの費用を投じたネオンサインがあり、ブランド名をシェラトン以外のものにすると、このネオンサインを撤去することになり無意味な出費が発生してしまうため、ヘンダーソンのツルの一声で、シェラトンがブランド名になった。

https://www.starwoodhotels.com/sheraton/index.html

 

Sheraton Grand Panama

f:id:sleepytomo:20170924081607p:plain

 

ウェスティンホテル

ウェスティンは1930年に創業。ワシントン州ヤキマにウェスタン・ホテル(Western Hotels)としてアメリカ西部にホテルチェーンを展開運営し始めた。
開業50周年を記念し1980年に現在のウェスティン・ホテルズ&リゾーツに改称された。
1970年にユナイテッド航空に買収され旅行関連企業グループを形成しようとしたが計画が失敗に終わり、ウェスティンは1987年に日本の青木建設に売却された。
1990年代に入りバブルが崩壊すると青木建設はウェスティン株を手放してしまう。その時すかさずウェスティンの買収に動いたのがスターウッドである。経営が悪化した青木建設は1994年にスターウッドとゴールドマン・サックスにウェスティンを売却し、1998年にはスターウッドの完全所有となった。

ウェスティンは「ヘヴンリー・ベッド(Heavenly Bed)」など「ヘヴンリー(Heavenly)」という名称で特徴あるアメニティーを次々に開発した。その後ヘヴンリー関連商品は百貨店ノードストロームでも販売されている。2005年以降さらに成長し、2011年現在37か国に160館以上のホテルを運営している。2006年には姉妹ブランドとして「エレメント(element)」が誕生。ウェスティンより低価格なブランドとして展開されている。

 

ウェスティン ドラゴナーラ リゾート マルタ

f:id:sleepytomo:20170924082303p:plain

 

ウェスティンは独自のウェルネスプログラムを提供し、健康で元気を取り戻せる滞在をテーマにしており、イートウェル、ムーヴウェル、スリープウェル、フィールウェル、ワークウェル、プレイウェルとそれぞれのコンセプトを明確にし、癒される楽しめる宿泊を提供することでブランドイメージを強化しています。

イートウェル:
旅先でも生まれ変わったように元気を取り戻し、いつものように健康的な食習慣を続けけられ、エネルギーを持続させ、お客様に最高の気分をもたらす、がコンセプト。
こだわりの料理を満載したメニュー「SuperFoodsRxTM(スーパーフードRx)」を提供。

ムーヴウェル:
ウェスティン独自のフィットネスプログラムで、旅行中も確実に日頃のエクササイズをそのまま続けられ、ウェスティンのウェルネスプログラムのすべてが、旅行中のお客様の活力とエネルギーを維持します、がコンセプト。
RunWESTIN™(ランウェスティン)」の地元ランニングマップなどを提供。
WestinWORKOUT™(ウェスティンワークアウト)」フィットネススタジオ年中無休24時間フィットネス。最先端の機器とパフォーマンス向上に必要なすべての設備が利用可能。

スリープウェル:
私が世界で一番好きなベッドである「Heavenly® Bed(ヘブンリーベッド)」が最高の眠りを提供してくれます。
気分を穏やかに整えるスリープウェル・ラベンダーバームのアメニティー、そして眠りを誘うスーパーフードをたっぷりと使った特別メニューがもたらす上質の眠りで、翌朝は、単に目覚めるのではなく、まるで生き返ったような感覚をお感じいただけます、がコンセプト。
Heavenly® Dog Bed(ヘブンリードッグベッド)」大切な愛犬も大歓迎。ウェスティンでは、小型犬・中型犬の愛犬と宿泊が可能です。贅沢なヘブンリードッグベッドと特製アメニティーを無料で用意しています。
ペットもスリープウェル!面白いサービスですね。ただし、アジア太平洋地域の一部のホテルではこのプログラムを提供していないホテルがありますので、サービス利用前に確認してください。

フィールウェル:
癒しのスパトリートメント、活力がよみがえるホワイトティー・ヘブンリーバスアメニティー、そしてリラックスした状態を取り戻すためにデザインした数々のサービスが、お客様のご旅行中にたまった疲労を回復させます、がコンセプト。
HEAVENLY® BATH(ヘブンリーバス)」でフレッシュスタート。ホワイトティーアロエバスアメニティー、上質な特大バスタオル、肌触りの良いオリジナルバスローブで、毎日を爽やかな気分でスタートさせる。
HEAVENLY SPA BY WESTIN™(ヘブンリースパバイウェスティン)」でリニュー&リフレッシュ。癒し効果のあるマッサージから、クレンジングフェイシャル、リフレッシュできるボディトリートメントに至るまで、感覚に働きかけるスパ体験を提供。

ワークウェル:
ウェスティンは能率の上がる小人数向け共同ミーティングスペース「Tangent™ at Westin(タンジェントアットウェスティン)」は、最先端のテクノロジーと使いやすいデザインで、その場にいる同僚とはもちろんのこと、世界各地の同僚と連絡を取りながら、能率よくお仕事を進められるシステムスペース。1時間単位で予約可能。
最新式のミーティングルームをいつも効率良くご利用いただけ、お仕事の意欲が高まります、がコンセプト。

プレイウェル:
週末は次の週に向けて活力を取り戻し、準備をする時間。そのため、ウェスティンでは、日曜日のチェックアウト延期に加え、週末の朝食時間を延長する「ウェスティンウィークエンド」を導入している。また、「ウェスティンファミリー」プログラムの楽しいアメニティー&アクティビティー溢れるバケーションでご家族の皆様とのお思い出作り、がコンセプト。

 https://www.starwoodhotels.com/westin/index.html?language=ja_JP

 

ウェスティングランド・フランクフルト

f:id:sleepytomo:20170924085846j:plain

 

スターウッドホテル&リゾート の歴史

スターウッドホテル&リゾート誕生

スターウッドホテル&リゾートは、11のホテルブランドを抱え、それらの提携を支えるロイヤリティープログラム「Starwood Preferred Guest(SPG)®(スターウッドプリファードゲスト)」が経営とブランドを支えています。

スターウッドホテル&リゾートの11ブランド
 St. Regis®(セントレジス)
 The Luxury Collection®(ラグジュアリーコレクション)
 W Hotels®(ダブリュー)
 Westin®(ウェスティン)
 Sheraton®(シェラトン)
 Le Méridien®(ルメリディアン)
 Tribute Portfolio(トリビュートポートフォリオ)
 Design Hotels™(デザインホテルズ)
 Aloft℠(アロフト)
 Four Points® by Sheraton(フォーポインツ)
 Element℠(エレメント)

 

ホテルマリアクリスティーナ、ラグジュアリーコレクション、サンセバスチャン

f:id:sleepytomo:20170924085757p:plain


スターウッドホテル&リゾートの起源は、バリー・スターンリッヒが1991年に起こした不動産事業会社「スターウッドキャピタル」のホテル事業部門から始まる。

スターウッドキャピタルは1993年から不動産としてホテルを購入しだし、1994年にCIGAを買収しラグジュアリーコレクションを創設し、同じく1994年にWestinの一部所有権を握り1997年にWestinの買収に合意し1998年に買収完了、1997年にSheratonの買収に合意し1998年に買収完了し、1999年にセントレジスを買収した。
フォーポインツブランドはシェラトングループの買収前にSheraton Innブランドから改名され1995年に立ち上げられている。

6つのブランド(ラグジュアリーコレクション、ウェスティン、シェラトン、フォーポインツ、Wホテル、セントレジス)を中核としたスターウッドホテル&リゾートが始動し始めました。

 

スターウッドホテル&リゾート年表

1991年
不動産買収会社のスターウッドキャピタルがシカゴで設立。

1993年
スターウッドキャピタルの不動産部門会社スターウッドロッジングがホテルを購入開始。

1994年
カンパーニャ・イタリアーナ・グランディ・アルベルリ(Compagnia Italiana Grandi Alberghi:CIGA)を取得、ラグジュアリーコレクションのブランド創設。

1998年1月
スターウッドロッジングがウェスティンホテル&リゾートの買収完了。 これに伴い、スターウッドロッジングは社名をスターウッドホテル&リゾートに変更した。 スターウッドホテル&リゾートの誕生である。

1998年2月
スターウッドはSheratonの買収を完了。

1998年12月
初のWホテルをニューヨークシティーにオープン。

1999年
セントレジスを買収。
スターウッドホテル&リゾートは、頻繁に旅行をするお客様に大幅な特典を贈呈するスターウッドプリファードゲストプログラムを開始。 このプログラムはブラックアウト(特典除外日)や宿泊制限を撤廃するという業界初の方針により話題となった。

2000年
スターウッドプリファードゲストプログラムが第12回フレディアワードで「年間最優秀ホテルプログラム」を受賞した記念すべき年。この後2005年までの6年連続で受賞。

2001年
スターウッドホテル&リゾートが第8回ワールドトラベルアワードで「世界をリードするホテルグループ」に選出された記念すべき年。

2006年
ルメリディアンを買収(2005年11月に買収合意)

2007年
新ブランド、 アロフトホテルとエレメントホテルの立ち上げを発表。

2008年
マサチューセッツ州レキシントンで最初のアロフトおよびエレメントホテルをオープン。

2009年
停滞傾向にあったシェラトンに対し60億ドルを投じてホテル機能の拡充を推進。

2011年12月
ベルリンを拠点とするデザインホテルズAG株式の49.8%を取得。その後過半数まで取得。

2012年
Starwood Preferred Guest®(スターウッドプリファードゲスト)を支えるリワードプログラムの強化を図る(ライフタイムステータス、24時間チェックイン、専任スターウッドアンバサダー等)。

2015年
トリビュートポートフォリオブランドを立ち上げた。

2016年
デザインホテルAGとのパートナーシップを拡大し、デザインホテルをスターウッドの11番目のブランドとした(デザインホテルの一部ホテルがSPGに参加している状態)。

2016年
マリオットに約136億ドルで買収されることが決定し、現在経営統合中。

f:id:sleepytomo:20170924084749p:plain

 

まとめ

今回は前回のセントレジス、ラグジュアリーコレクション、Wホテルのブランドイメージ紹介記事の続編です。

 

スターウッドホテル&リゾートのフリークエント・ビジネス・プログラム(FBP)は航空機業界のフリークエント・フライヤー・プログラム(FFP)をモデルに発展させたんですね。
世界中に広がるスターウッドホテルに泊まる安心感で、日本のSPGホテルもいっつも満杯。結構お高いのに、さすがのブランド力とそれを支えるスターウッドのロイヤリティプログラムですね。

 

私は、SPGアメックスのおかげでスターウッドホテル&リゾートのゴールド会員になれました。そしてマリオットとリッツ・カールトンのゴールドエリート会員にもステータスマッチでなれています。

現在マリオットの非公式プラチナチャレンジに挑戦中で、もうすぐ、スターウッド、マリオット、リッツ・カールトンのプラチナ会員になる予定です。

 ٩( ˆωˆ ) و  ガンバルゾー

 

SPGアメックスいいですよ。
年会費はお高いですがluxuryでHigh Societyな方のためのカードです。