いつか世界中で空生活

仕事頑張ってきたオレ。これからは好きなことしたいけど本当できるの?

シドニー往復はANA国際線プレミアムエコノミー使うとPP単価いい感じなのでこれにしようかな〜:SFC修行でちょっと海外 Page 5



SFC修行は飛行機に乗って空を飛ぶともらえるプレミアムポイントを貯める遊びです。沢山飛ぶとたくさん貯まって貯めたプレミアムポイントが多いほど偉くなっていきます。プレミアムポイントの特異点としては50,000ポイントを越えると永久会員権(スーパーフライヤーズカード:SFC)を手に入れられるので50,000ポイントがSFC修行の目安ってことになります。

SFC修行でちょっと海外 Page 4(ANA国際線/国内区間・ANA国際線/海外発券の利用について)

 

プレエコ乗って一番PP稼げるアジア・オセアニア路線   

プレミアムポイント(PP)はプレエコ乗って稼ぐのが効率いいです。さらにアジア・オセアニア路線に乗って稼ぐのが効率いいです。アジア・オセアニア路線の中で一度にたくさん稼ぐならシドニー往復がいい感じだな〜。やっぱり残りのプレミアムポイントはシドニーに行って稼ごうかな〜

 

路線倍率

国際線でプレミアムポイントでお得に稼げるのはアジア・オセアニア路線。国内線の路線倍率2倍は凄いけど、やっぱり国際線の区間マイルは国内とは違い大きいのでアジア・オセアニア路線の路線倍率1.5倍は本当に魅力的なんです。 

f:id:sleepytomo:20181111201359p:plain

 

積算率

その中でも効率よくプレミアムポイント稼げるのは、どんなに早割運賃で安くチケット押さえても積算率が常に100%になるプレミアムエコノミー。

f:id:sleepytomo:20181111194731p:plain

 

搭乗ポイント

さらにプレミアムエコノミーに乗れば搭乗ポイントも加算されるので一層PP単価の効率がよくなる。

f:id:sleepytomo:20181111201410p:plain

 

アジア・オセアニアにおけるANAプレミアムエコノミー導入路線

ANAのプレミアムエコノミー導入路線は以下の通り。

f:id:sleepytomo:20181123073829p:plain

以下URLで東京発のアジアに就航中のプレエコ往復運賃(毎日更新)を確認できます。
プレミアムエコノミー導入路線拡大!|ご旅行の準備[国際線]|ANA

 

基本区間マイレージ

プレミアムポイントの計算方法は以下の通りなので、できるだけ遠くにある方がプレミアムポイントを稼げる。

プレミアムエコノミー導入路線のアジア・オセアニア路線の中ではシドニー便が一番遠くてプレミアムポイントを稼げることになる。

f:id:sleepytomo:20181123074718p:plain

 

路線倍率の高いアジア・オセアニア地区で羽田・成田からプレミアムエコノミークラスに搭乗した際に片道で得られるプレミアムポイントは赤枠で囲った通り。

F,A はファーストクラス、J,C,D,Z,P はビジネスクラス、G,E はプレミアエコノミークラスです。

 

羽田からシドニーへはプレミアムエコノミーで往復すると15,388PPとなって、1回の旅行でものすごく沢山のプレミアムポイントを稼げてしまう。

 

とても美味しいプレエコでのシドニー往復(HND↔︎SYD)

HND→SYD + SYD→HNDの単純往復の場合のPP

この飛行ルートの区間マイルは片道4,863マイル。プレエコ乗った場合の獲得プレミアムポイントは片道7,694PPです。

f:id:sleepytomo:20181123092912p:plain

 

まずはプレミアムエコノミーで行く羽田発シドニー往復運賃を見てみます。

f:id:sleepytomo:20181121211102p:plain

金曜日に出発し日曜日の帰り便に乗りますと少し先の便だと(単純に往復した場合)165,870円。詳細は以下の通り。予約変更や払い戻しは不可だけど、アップグレードは対象。

f:id:sleepytomo:20181123094105p:plain

f:id:sleepytomo:20181123094300p:plain

プレエコで往復するこのルートの獲得プレミアムポイントは15,388PPでPP単価は10.78円

f:id:sleepytomo:20181123104336p:plain

PP単価も10円台だし、2往復したら3万プレミアムポイント貯まるし、これで満足しちゃいそう。

 

でも国際線/国内区間をこの旅程につけるともっとお得にプレミアムポイントが稼げる。

国内発券の国際線航空券に国内区間を前後につける場合、前後それぞれ1区間のみ5,000円で追加することができます。

 

シドニー往復(HND↔︎SYD)+ 三角飛び(HND→OKA→CTS→NGO)のPP

シドニー単純往復では獲得プレミアムポイントが1万5千PPなので、復路に国際線/国内区間の羽田→沖縄をつけて、その上で羽田→沖縄→札幌→名古屋の三角飛びを入れる。

f:id:sleepytomo:20181123110847p:plain
*国内発券の場合は海外発券と違い国際線/海外区間と国際線/国内区間の間でストップオーバー(途中降機)できないので24時間以内の乗継をしないといけません。

 

この旅程の国際線運賃は羽田↔︎シドニーの往復に5千円プラスくらいの価格になる。

f:id:sleepytomo:20181121211048p:plain

 

ここに沖縄→札幌と札幌→名古屋の国内便を買い足すと三角飛びが完成。プレエコで往復するこの三角飛びプラスルートの獲得プレミアムポイントは20,372PPでPP単価は10.07円おぉ~2万PP越え

f:id:sleepytomo:20181123111423p:plain

 

シドニー往復(HND↔︎SYD)の前後にプラス沖縄往復のPP

シドニー往復で最も効率よくプレミアムポイントを稼ぐには、やっぱり前後に割安な国際線/国内区間を利用して沖縄2往復を挿入することだよね。これは有名なOKA-SIN修行と同じことをシドニー往復でする訳で通称OKA-SYDですね。

f:id:sleepytomo:20181123113633p:plain
*国内発券の場合は海外発券と違い国際線/海外区間と国際線/国内区間の間でストップオーバー(途中降機)できないので24時間以内の乗継をしないといけません。

 

羽田↔︎シドニーの単純往復(1万5千PP)に国際線/国内区間の沖縄→羽田と羽田→沖縄を前後につけて国際線を購入すると、、、 

f:id:sleepytomo:20181121211037p:plain

 

さらに、国内線も買い足して、、

 名古屋→沖縄→羽田→シドニー→羽田→沖縄→名古屋

とすると、素晴らしいPP単価が実現できる。

獲得プレミアムポイントは21,750PPでPP単価は8.84円

f:id:sleepytomo:20181123112340p:plain

 

いいですね〜。でも沖縄に2回行くのはちょっと退屈な修行なのかもしれません。できれば一方は札幌にしちゃいましょう。

 

シドニー往復(HND↔︎SYD)の前後にプラス札幌往復と沖縄往復のPP

修行も遊びながら行いたいしシドニー往復の前後に加える国際線/国内区間は札幌と沖縄にする。少しPP単価が悪くなるけどどれくらいのPP単価になるのかな。

f:id:sleepytomo:20181123120205p:plain
*国内発券の場合は海外発券と違い国際線/海外区間と国際線/国内区間の間でストップオーバー(途中降機)できないので24時間以内の乗継をしないといけません。

 

羽田↔︎シドニーの単純往復(1万5千PP)に国際線/国内区間の札幌→羽田と羽田→沖縄を前後につけて国際線を購入すると、、、 

f:id:sleepytomo:20181121211041p:plain

 

さらに、国内線も買い足して、、

 名古屋→札幌→羽田→シドニー→羽田→沖縄→名古屋

とすると、楽しい修行になりさらに心地よいPP単価も実現できる。

獲得プレミアムポイントは20,718PPでPP単価は9.31円

f:id:sleepytomo:20181123115545p:plain

 

獲得プレミアムポイントもちょうどいいな〜。

 

まとめ

プレミアムエコノミーでシドニーに飛べばおおよそ2万プレミアムポイントを獲得できる。羽田↔︎シドニー間のプレミアムエコノミーは結構残ってて土日+2日休んで遊びにも行けるし修行路線には素晴らしく向いている。シドニーのプレエコをアップグレードしてプレミアムポイント稼いじゃおうかな〜 ^ ^

 

 

SFC修行費用を全てANAコインで補いきれない方にはAMEXのスカイトラベラーカード(航空チケット買ったら3%還元でマイルが貯められる青いカード)やスカイトラベラープレミアカード(航空チケット買ったら5%還元でマイルが貯められる赤いカード)がオススメです。

 

 

 

SFC修行でちょっと海外 Page 6(修行のためのクレジットカードと修行コストを抑えるANA SKYコイン)

 

 

スポンサー広告